徴用工訴訟問題( ゜д゜)ノレスとラグビー

2019年10月04日

ハカ!ラグビーワールドカップ!

日本でラグビーのワールドカップが開催され、
注目度の上がったニュージーランド代表が試合前に行うハカ。

挑発的であるとか、批判もありますが、
思う事を徒然とw



まず、giveの個人的な感想は、ハカ、好きっすねw


なんていうか、ニュージーランドは多民族の国で、
原住民より、ヨーロッパ系の民族が多い国です。

そんな国だからこそ、原住民に近いマオリ族の民族舞踊であるハカを
試合の前に行うってのは、とても感慨深いものです。

例えば、北海道で人気のスポーツがあったとして、
その代表が、アイヌ民族の伝統舞踊を踊るようなものです。

通常は試合前に行われるのは国歌斉唱であるわけですが、
ヨーロッパの民族に侵略されたオセアニアの国ですので、
国歌は、ヨーロッパ風の、ニュージーランドで言えばイギリス風の
神の祝福を謳う歌になっています。
一応、マオリ語と英語バージョンで歌う事が多いようですが、
歌詞というか、内容は、神への賛美になっています。

まぁ、日本で言うと、君が代をアイヌ語で歌っている感じでしょうかw

ですので、原住民をリスペクトしているとはいえ、
やはり、君が代をアイヌ語で歌ったところで、「違う」わけです。

そこで、ハカ。つまりは、民族舞踊を取り入れるってのは
多民族国家の特権であるような気がしています。

ハカへの批判で、特定の国だけ認められるのはおかしい。という批判もありますが、
ニュージーランドのような多民族国家で、更には
侵略で原住民の人口を極端に減らしたオセアニアの歴史から考えれば、
それを反省し、原住民の文化を尊重する行為というのは
賞賛に値するとgiveは感じます。

例えば、アメリカがインディアンの文化を尊重し、
アメリカ国歌とは別に試合前にインディアンの民族舞踊を踊るとか
そういう類の話です。

ニュージーランド代表がハカをやるなら、日本代表も鬨の声で応戦すればいい。
とか意見もネット上で散見しましたが、
ハカが許されるのは、上述のように
それが原住民の伝統舞踊であり、
それを侵略し、人口の半分以上がヨーロッパ系であるニュージーランドが
行うからこそ、意味があるものであって、
ただ単に、お国の伝統文化自慢ではないというのがミソである。
というのがgiveの考えです。

もちろん、全ての国が試合前に伝統文化を披露するというのも
素晴らしい考えではあるのですが、それはまた別の話で、
ニュージーランドのハカの持つ意味とは、また違ったものであると考えます。


また、ハカに対しての直接的な感想で言えば、
昨今の人権優勢主義と言いますか、礼儀正しく、相手を不愉快にしないという
世界的な流れに、逆行するかのような挑発的なモーションが
逆に斬新さを感じると言いますか、人間のもつ
闘争本能を的確に描いた芸術性をgiveは感じています。

舌を出す。首切りのしぐさをする。

いいんじゃないでしょうか。
それがスポーツというルールに縛られた世界で
行われる限りは、人間が人間であると言う
生物の闘争本能を前面に出した芸術であると考えます。

また、男性的な踊りではありますが、ニュージーランド女子代表も
ハカを踊ったりしており、決して男性のみのものではなく、
全面的にgiveは好意的に見ています。


ただ、一つクレームを出すとすれば、
なんか、商業用の見世物になっている感がぬぐえないと言いますか、、、

先日対戦したカナダは、2019年10月3日現在で、世界ランキング22位で
ハカを披露するほどの大一番とは思えず、
試合も 63-0 で大勝する試合でした。

ん〜(`・ω・´)

やはり、相手を挑発する要素がある以上、
対戦相手は格下であってはならないのではないか?と感じます。
相手が強豪国である。だからこそ、挑発行為も容認されると言いますか、
ハカを受ける事が、対戦相手にも名誉であり、光栄であるべきだとは思います。

例外的には、ホスト国の日本とかはあっても良いかと思いますが、
挑発行為を受けた上に、試合でぼろ糞にやられるってのは、
ハカの品位を疑うことに繋がりかねないかと感じます。

日本人は、ああいうミーハーなものが大好きなので
盛り上がってしまうため、ニュージーランド代表も
サービス精神で日本の観客に披露しているのだと思いますが、
こういう興行的な演出を続けていますと、
観客を味方に付ける姑息な演出、と捉えられなくもなく、
試合前に行う事は不公平と判断されかねません。

やはり、時と場所を選ぶべきなのではないでしょうか。



最後に、

挑発的な行為の是非について。


( ゜д゜)ノ 挑発行為がダメだったら、フランス国歌も禁止してくださいwww




フランス国歌が許されるなら、なんでもアリでしょうよwwww




( ゜д゜)ノ しーゆーw





give0616 at 01:22│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 戯休   2019年10月05日 15:31
相手チームがその間ボケっと見ているしかない画がとてもシュールでした・・・。
そんな相手が気にしないのであれば外野が色々言うのは野暮ってもんでしょう。
自分も肯定派ですよ。
2. Posted by ラファール   2019年10月05日 19:21
CSでオールブラックスのノンフィクションやってましたが、NZ国内でもやはり一度は「ハカをやめるべきか」って議論はあったそうです。早く試合に集中したいとか。
結局続けることになるのですが、あれの主目的は「対戦を受け入れ、対戦を望んでくれたチームに対して敬意を表す意味が込められている」だそうです。

他の競技でもNZ代表がやってるときもあるし、ラグビーについてはもう根付いていますから、戯休さんも書いているように外野が言うのは野暮ってもんですね。マスコミや変な人権主義者が喚くのは放置していいです。

ちなみに、1995年のW杯で、日本は145-17で大敗してます。
この時のハカは確かカマテだったかな?(うろ覚え)
スコアはともかく、ハカを侮辱に感じた選手のインタビューはなかったんじゃないかなぁ・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
徴用工訴訟問題( ゜д゜)ノレスとラグビー